ここから本文です

レッチリ、ヒレル・スロヴァクの命日にジャック・アイアンズと共演。“Fire”を捧げる

7/4(火) 11:45配信

rockinon.com

レッド・ホット・チリ・ペッパーズが6月25日に米グランドラピッズで行ったライブで、バンド結成時のメンバーの一人で元ドラマーのジャック・アイアンズと共演した。

この日は元ギタリストのヒレル・スロヴァクが亡くなってから29年目の命日であり、バンドはジミ・ヘンドリックスの“Fire”を演奏、ヒレルに捧げた。

ヒレル・スロヴァクは1988年6月25日にヘロインのオーバードーズで死去。

翌1989年に、二代目ギタリストとしてジョン・フルシアンテが加入した。

ジャック・アイアンズはヒレルの死にショックを受けて1988年に脱退、1989年より二代目ドラマーとしてチャド・スミスが加入している。

なお、彼らが今回プレイした“Fire”のカバーは『母乳』(1989)に収録されており、同ナンバーはもともとヒレルとジャックによってレコーディングされたものだった。

一般のアカウントが公開したライブの映像はYouTubeで観ることができる。

rockinon.com(ロッキング・オン ドットコム)

最終更新:7/4(火) 11:45
rockinon.com