ここから本文です

高松小菊かぼちゃ初出荷

7/4(火) 2:16配信

北國新聞社

 かほく市高松地区特産の「高松小菊かぼちゃ」の出荷が3日、同市夏栗のJA石川かほく高松集出荷場で始まり、高松小菊南瓜(かぼちゃ)生産組合の農家2軒が約10キロを運び込んだ。今年は朝夜の気温が低く、少雨の影響で、初出荷は昨年より9日遅く、量も16分の1にとどまった。

 高松小菊かぼちゃは菊の花のような見た目が特徴で、直径は10~15センチ、重さは300~800グラム。組合によると、出荷のピークも8月上旬にずれ込む見込みで、同中旬までに11トンの出荷を目指す。西隆一組合長(70)は「少し出遅れたが、順調に育って例年並みの出荷量を確保したい」と話した。

北國新聞社

最終更新:7/4(火) 2:16
北國新聞社

Yahoo!ニュースからのお知らせ