ここから本文です

鹿島GKクォン・スンテ、左母指の関節脱臼…約3、4週間の離脱へ

7/4(火) 15:14配信

SOCCER KING

 鹿島アントラーズは4日、韓国代表GKクォン・スンテが左母指MP関節脱臼で全治約3~4週間と診断されたことを発表した。同選手は2日に行われた明治安田生命J1リーグ第17節の柏レイソル戦で負傷。同選手は先発出場していたが、後半開始早々に負傷交代を余儀なくされていた。

 クォン・スンテは1984年生まれの32歳。2006年から全北現代でプレーし、Kリーグ・クラシックを3回、AFCチャンピオンズリーグを2回制している。今季から所属する鹿島では、明治安田生命J1リーグ第17節終了時点(1試合未消化)で12試合に出場している。

 鹿島は明治安田生命J1リーグ第17節を終えて、1試合未消化で11勝5敗の勝ち点「33」で暫定3位。次戦は5日、第13節未消化分でガンバ大阪とのアウェイゲームに臨む。

SOCCER KING

最終更新:7/5(水) 6:53
SOCCER KING