ここから本文です

49年ぶりセリエA昇格のSPAL、ウディネーゼからブラジル人DFを獲得

7/4(火) 13:47配信

SOCCER KING

 セリエA昇格のSPALは3日、ウディネーゼからブラジル人DFフェリペを獲得したと正式発表した。完全移籍で3年契約を締結している。

 イタリアのパドヴァにルーツを持つフェリペは、1984年7月31日生まれの32歳。13歳まではフットサル選手であった。15歳でイタリアに渡り、ウディネーゼの下部組織に加入すると、2002年には同クラブでプロデビューを果たし、その後はフィオレンティーナ、チェゼーナ、シエナ、パルマを渡り歩いた。2015年2月にはインテルに加入するものの、出場機会は4試合に留まり、2015-16シーズンには5年ぶりにウディネーゼに復帰。昨シーズンのセリエAでは32試合に出場し1ゴールをマークしている。

 SPALはイタリア北部のフェラーラに本拠地を構えるクラブで、2015-16シーズンはレーガ・プロ(3部相当)グループBで優勝し、セリエBへ昇格。そして今シーズンはセリエBで2位フィニッシュを果たし、49年ぶりとなるセリエA昇格を決めている。

SOCCER KING

最終更新:7/4(火) 13:47
SOCCER KING