ここから本文です

本田圭佑が米2部オレンジカウンティの練習参加、ミニゲームではトップスコアラーに

7/4(火) 8:26配信

ゲキサカ

 今季限りでミランを退団した日本代表FW本田圭佑(31)が3日、アメリカ2部ユナイテッドサッカーリーグ(USL)に所属するオレンジカウンティSCの練習に参加した。本田のマネジメント事務所であるHONDA ESTILO株式会社が明かした。

 本田は2日、自身の公式インスタグラム(@keisukehonda_official)を更新し、ロサンゼルスで練習を行っていることを報告していた。しかし個人トレーニングでは補えない実戦に近い練習を行うため、拠点地域からほど近いオレンジカウンティに練習参加を依頼。これをクラブ側が快諾し、今回の練習参加につながった。

 雲一つなく強い日差しがさす中、本田はウォームアップからアジリティー、ボール回し、ミニゲームと約90分間の練習をすべてこなした。また、ミニゲームでは積極的にボールを呼び込み、トップスコアラーを記録したという。

 トレーニング終了後はファンサービスも欠かさず、約100名のファンに丁寧にサインしていた。また、ファンから「頑張ってください!」との声に「ありがとう」と答えるなど、充実したトレーニングだったようだ。

 ロサンゼルスで練習を行っていることで今夏のメジャーリーグサッカー(米1部)への移籍の可能性が報じられた本田。トルコの強豪ガラタサライやトラブゾンスポル、スペインのラス・パルマスやレバンテなどが興味を示しているが、本田の今後の動向が注目される。

最終更新:7/20(木) 20:07
ゲキサカ