ここから本文です

積極補強のエバートンが次に狙うのは…ルーニーに古巣復帰の可能性が浮上

7/4(火) 20:28配信

ゲキサカ

 マンチェスター・ユナイテッド退団が報じられているFWウェイン・ルーニーが今夏、古巣のエバートンに復帰する可能性が浮上している。英『トーク・スポーツ』が報じた。

 エバートンの大株主ファラド・モシリ氏は、今夏の移籍市場でエバートンのロナルド・クーマン監督を大きく支持しているといい、積極補強を繰り広げている。

 サンダーランドのGKジョーダン・ピックフォード、アヤックスのMFダフィ・クラーセンを合わせて5400万ポンド(約79億700万円)で獲得したほか、バーンリーのDFマイケル・キーンとクラブ史上最高額となる3000万ポンド(約44億円)で獲得。マラガFWサンドロ・ラミレスも500万ポンド(約7億2000万円)で加入が決まっている。

 同メディアによると、エバートンはこれらの交渉終了後、ルーニーとの契約締結に焦点を当てる見通しだという。ルーニー自身はプレミアリーグの他クラブでプレーすることはないと主張しているが、ユナイテッド加入前に2年間在籍した古巣への復帰が実現するのか、去就が注目される。

最終更新:7/20(木) 18:48
ゲキサカ