ここから本文です

グッドイヤー、氷上ブレーキ性能を向上させた新スタッドレスタイヤ「アイスナビ セブン」発表。

7/5(水) 9:30配信

carview!

昨秋からオールシーズンタイヤ「ベクター4シーズンズ・ハイブリッド(Vector 4 Seasons Hybrid)」の活発なプロモーションが続くグッドイヤー。それが功を奏してか、今年1~5月では昨年比90%増の売上げを記録し、グッドイヤー全体でも20%増と好調だ。そんな中、今年で日本市場導入20周年を迎える同社のアイスナビシリーズから、新スタッドレスタイヤ「アイスナビ セブン(ICE NAVI 7)」が発表された。

【写真をもっと見る(7枚)】

欧州に開発拠点を置くグッドイヤーだが、雪質によってさまざまな路面状況が出現する日本に合わせて、国内専用商品として開発されるアイスナビ セブン。その特徴は従来品の「アイスナビ シックス」と比べて7%向上させた氷上ブレーキ性能。発売に合わせて行われたスケートリンクでの試乗会で、8km/hでのスラローム走行とコーナリング、そして15km/hからのフルブレーキ性能を従来品とアイスナビ セブンで比べることができた。

結論から言うと、低速でのスラローム走行はコース2周では大きな違いを確認することができなかったが、発進時の安定性とフルブレーキ性能においてはある程度の性能向上を感じ取ることができた。

その主な改良ポイントは、コーナリング時の接地形状の最適化と、エッジ成分の13%アップで氷上コーナリング性能を向上させた新パターンデザイン。そして、路面温度の変化に強く、柔軟性が高い極小シリカのコンパウンドの採用だ。従来よりも細分化されて柔軟性が増した「エキストラ・コンタクト・コンパウンド」が氷上の細かい凹凸に入り込み、より路面との密着性が増したという。サイズ展開は全67サイズ、発売は8月1日から。

株式会社カービュー

最終更新:7/5(水) 9:30
carview!