ここから本文です

33,000食以上を売り上げた〈宇治抹茶カレー〉がリニューアル! きっかけはお客さんのとある要望から……/京都

7/4(火) 18:20配信

Webマガジン コロカル

コロカルニュースvol.2129

以前ご紹介した、濃緑の抹茶味カレー〈宇治抹茶カレー〉。京都宇治茶の老舗、江戸後期の天保3年創業という〈伊藤久右衛門〉が開発した、石臼挽き宇治抹茶を使用したレトルトカレーです。

【写真で見る】33,000食以上を売り上げた〈宇治抹茶カレー〉がリニューアル! うどんに絡めたり、パンと一緒になど、アレンジも簡単

発売から約3年を迎え、33,000食以上を販売したインパクト抜群のこのカレーが、リニューアルしました! 抹茶の色、味、香りを残しつつ、食べやすいカレーになったのだそう。価格は540円(税込)。

宇治抹茶カレーは、クリームソースをベースにした、コクのある美味しさにスパイスをきかせたホワイトカレー。お客さんから「抹茶の苦味がつよい」という意見をいただき、この度のリニューアルになったのだとか。

リニューアルのポイントは、抹茶の苦味はマイルドに、コクと辛みをアップすること。一番摘み抹茶を2種類使用することで、苦味を抑えつつも抹茶の色や香り、旨味を感じられるよう調整。チキンエキスを増やしてコクをアップ、ホワイトペッパーを増やして辛みを追求、“スパイシーだけど辛すぎない味”を実現したのだそう。

具材は国産のものを使っています。鮮やかな緑色、スパイシーな香り、口に入れるとふわっと広がる抹茶の苦味のハーモニーを味わってみてはいかがでしょうか。

宇治抹茶カレーはレトルトなので、うどんに絡めたり、パンと一緒に食べるなど、アレンジも簡単。

百八十余年にわたり茶づくりを継承する〈伊藤久右衛門〉がこのカレーを作るのは、宇治茶の可能性を多くの人に知ってもらうきっかけになってほしい、そんな思いが込められているのだそう。Webサイトからお取り寄せも可能です。

information
宇治抹茶カレー
価格:540円(税込)


writer profile
Akiko Saito
齋藤あきこ
さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。

【コロカルニュース】とは?
全国各地の時事ネタから面白情報まで。コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。