ここから本文です

窪田正孝、『東京喰種』劇中衣裳でLAプレミア登場! コスプレファンに「どうか人だけは食べないで」

7/5(水) 4:30配信

cinemacafe.net

窪田正孝主演で実写映画化される『東京喰種 トーキョーグール』が、7月29日(土)の公開に先駆け、7月3日(現地時間)、LAにて開催された「ANIME EXPO」にてワールドプレミア上映を実施。舞台挨拶には主演の窪田さんが登壇し、会場はさらに大きな盛り上がりを見せた。

【写真】窪田正孝/LAにて開催された「ANIME EXPO」

東京を舞台に、人の姿をしながら人を喰らう怪人・喰種(グール)と人間の闘いを描くバトルアクション『東京喰種 トーキョーグール』。ある事件に遭遇し半分人間、半分喰種になってしまった主人公・金木研(カネキ/窪田正孝)は、人の命を奪い、喰い生き永らえる“喰種”の存在に疑問を抱き、人間と喰種、2つの世界の価値観の中で葛藤しながら生きることに…。しかし、人間と同じ世界に生きる喰種を駆逐しようとする、人間側の組織・CCG(喰種対策局)の捜査官が現れ、熾烈な戦いが繰り広げられるというストーリー。

石田スイの原作は、世界累計3,000万冊の発行部数を誇る話題沸騰のコミック。全世界37の国と地域で刊行され、2015年にアメリカで発売されたコミック第1巻は、NYタイムズのマンガベストセラーランキング1位を10回獲得。1位も含め、80週ランクインするなど、日本のみならず世界中で人気を集めている。

1日より開催されている「ANIME EXPO」は、例年およそ10万人が訪れる、アメリカで最大級のアニメ・ゲームの祭典。日本でもお馴染みのアニメやゲーム400以上の企業ブースが出展され、コスプレやカラオケなども楽しめるイベントとなっており、実写映画のワールドプレミア上映は本作が初となった。

この日会場となったJW Mariottでは、窪田さんが演じた主人公・カネキや、蒼井優が演じたリゼのコスプレをしたファンの姿も。上映前には窪田さん、萩原健太郎監督、永江智大プロデューサーが登壇。窪田さんは 「Hello. My name is Masataka Kubota.」と挨拶し始めたものの、「僕はあまり英語が話せません」と暴露。そして「みなさん東京喰種は好きですか? 僕も東京喰種LOVEです。世界に誇る漫画を皆さんの手でもっと広めていただければ嬉しいです」と続けた。

上映中は歓声や拍手が起こり、クライマックスのアクションシーンでは大歓声も。そして上映後、舞台挨拶に再度登壇。窪田さんは劇中衣装でマスクを装着して登場すると、そのサプライズに会場のボルテージは最高潮! それに窪田さんは「Thank you very much!」と応えていた。

今回「ANIME EXPO」初参加となった3人。印象を聞かれると窪田さんは、「先ほどブースを回って、みなさんそれぞれのコスプレで、作品を愛してる気持ちとか、役になりきれる瞬間を持っていることをすごく身近に感じられました。でも、どうか人だけは食べないでください(笑)そして 僕は八重歯がありますが、グールではありません!」と会場を笑わせる一幕も。また監督も、「こんなにも作品を愛してくれていて、その中に入りたい、という愛がすごく伝わって来ました。もともと日本だけでなく世界中のグールファンに喜んでもらいたいという思いで作りました。だからこうやってみなさんがグールのいろんな格好をして、こんなに暖かい声援を受けられることが嬉しいです。思い描いていた夢よりも幸運な状況です」とコメント。さらに永江プロデューサーは「印象的だったのは、みんなラストのシリアスなシーンで笑っていましたが、まさかあそこで笑うとは…」と話すと、窪田さんが「ザッツシリアス!」とツッコミを入れ、再び会場は笑いに包まれていた。

『東京喰種 トーキョーグール』は7月29日(土)より全国にて公開。

最終更新:7/5(水) 4:30
cinemacafe.net