ここから本文です

米倉涼子 日本人女優初!主演作「CHICAGO」ブロードウェー再演で感涙

7/5(水) 4:00配信

デイリースポーツ

 女優の米倉涼子(41)が5年ぶりに主演するブロードウェーミュージカル「CHICAGO」が4日(現地時間3日)、ニューヨーク・アンバサダー劇場で開幕した。日本人女優史上初となる主演作のブロードウェー再演で、上達した英語や歌を披露。共演者から「ウエルカム ホーム(お帰り)」とサプライズで祝福を受け、瞳を潤ませた。喝采のうちに初日を終えた米倉は「CHICAGOは生きがい」と再々演に意欲を見せた。

 抑えていた涙があふれた。カーテンコールで共演者が花束贈呈のサプライズ。ライバル役を演じた女優アムラ=フェイ・ライト(56)が「ウエルカム ホーム」と語りかけると、感動で言葉を失い、最後のあいさつができなくなった。

 ブロードウェーは米倉を待っていた。英語のセリフで観客を魅了。コミカルなシーンでは笑い声も起き、40代になって初のロキシー役が「背中を押してくれた」と演技中に手応えをつかんだ。苦手だった歌も、「今回は楽しく歌えるようになってきた。私の中で一番の変化」と自身の成長を実感した。アムラは「発音に非の打ちどころがない」と米倉をたたえ、満員の観客1150人も「ファンタスティック!」と万雷の拍手を送った。

 日本人女優として新たな歴史を刻みたい、と4月から猛稽古を積んでいた米倉。「アメリカ人になりたい」と英語や芝居はもちろん、体格の良い外国人に見劣りしないために体幹を鍛え上げた。努力が実り、存在感も前回を超えた。

 「最後かもしれない」と決意を持って挑んだ舞台で、仲間の信頼に初日から応えた。重圧から解放された終演後には、「ちゃんとやりきらないと意味がないと思っていた。今になってから感動してきました」と涙。感極まり、客席に向かい言葉を投げかけることはできなかったが、あらためて温かく迎えてくれたことに感謝した。

 08年に日本版「CHICAGO」に主演。12年には、日本人女優として54年ぶりとなるブロードウェー主演を果たした米倉の代表作。「『CHICAGO』は私にとっては、生きがいです。いつまでたってもやめたくない思いでいっぱいになっちゃう。刺激がすごい」と、このステージにみたび戻ってくることを“予告”していた。

 13日の千秋楽後は、8月2~13日に日本公演(東京・東急シアターオーブ)を行う。