ここから本文です

ベストマッチョ&チャーリーブレイヴ、プロキオンS厩舎情報/美浦トレセンニュース

7/5(水) 13:36配信

netkeiba.com

 中京競馬場で行われるプロキオンS(GIII・中京ダ1400m)に美浦から出走する2頭について、追い切り後の各調教師のコメント。

■ベストマッチョ(牡4・美浦・手塚貴久)について、手塚調教師。
「重賞初挑戦だった根岸S(GIII・12着)は、一頓挫あった後の休み明けでした。今回の方が根岸S時より馬の雰囲気は良いですいし、あの時のようなレースはしないと思います。以前より少し体も大きくなりましたね。今日の追い切りはあまりやりたくはなかったので、内容的には十分だったと思いますし、動きも良かったです。

 これまで東京競馬場でしかレースをしていないので、中京までの輸送は何とも言えないですが、1日輸送くらいなら心配はいらないと思います。重賞で強い馬もいますが、速い時計の決着も大丈夫ですし、今回は楽しめるのではないでしょうか」

■チャーリーブレイヴ(セン7・美浦・尾関知人)について、尾関調教師。
「追い切りはしっかりやれましたし、時計も良くて感じも良かったですね。馬体の方も問題ないですし、良い状態で出られそうです。前走(アハルテケS・OP・3着)は出負けしましたが、この馬らしい頑張りを見せてくれました。

 前走後はここを視野に入れてきましたが、なかなか続けて使うことのできない馬なので、今回続けて使えるのはプラスです。今回は重賞でメンバーが揃いますが、元々期待していた馬ですから。あとはあまり速い馬場になってはほしくないので、週末の天気が気がかりですね」

(取材・写真:佐々木祥恵)

最終更新:7/5(水) 14:57
netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ