ここから本文です

(時時刻刻)「ICBM」飛距離誇示 北朝鮮、米に交渉迫る狙いか

7/5(水) 5:30配信 有料

朝日新聞デジタル

 北朝鮮が4日、大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射成功宣言に踏み切った。ICBM発射は「レッドライン(越えてはならない一線)」とされたが、金正恩(キムジョンウン)・朝鮮労働党委員長は意に介さず、自らが発射を喜ぶ様子を全世界に見せつけた。射程が米本土に到達する可能性もあり、北朝鮮の挑発を止められない日米などの危機感は強い。▼1面参照

 「朝鮮は核兵器と共に世界のどの地域も攻撃できる最強のICBMを保有した堂々たる核強国」。北朝鮮は4日、「特別重大報道」と称し、「火星14」の発射を自画自賛した。
 韓国軍事専門家の1人は「火星14」について「射程は最高高度の2倍以上とみるのが通常」と語り、射程が5600キロ以上になると分析。……本文:6,316文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社