ここから本文です

【RIZIN】野沢直子の娘・真珠が7・30さいたまでプロデビュー決定

7/5(水) 12:47配信

イーファイト

 野沢直子の娘である真珠・野沢オークライヤー(しんじゅ・のざわ/23=アメリカ)が、7月30日(日)さいたまスーパーアリーナにて開催される『RIZIN FIGHTING WORLD GP 2017 バンタム級トーナメント1st ROUND-夏の陣-』で日本プロデビュー戦を行うことが発表された。

【フォト】スタイルの良さが分かるピンクのオフショルミニで会見に現れた真珠

 かつて人気タレントとして活躍した野沢直子の長女である真珠はアメリカで生まれ育ち、空手、柔術を学んで今年2月にアマチュアMMA(総合格闘技)で初試合、当時5戦全勝の相手に判定勝ち。

 その後、4月16日(日)横浜アリーナにて開催された『RIZIN 2017 in YOKOHAMA』で、真っ赤なワンピースで大胆にロープをまたいでリングインすると「今度RIZINでデビューします」と電撃発表。6月にはアマチュア第2戦を行い、1RでTKO勝ちを収めると、この試合を視察した榊原信行RIZIN CEOがRIZINでのプロデビュー戦にGOサインを出した。

 7月5日(水)都内にて行われた記者会見に出席した真珠は、「RIZINでプロデビューするのでとても嬉しいです。必ずエキサイティングでアグレッシブな試合をお見せします」とデビュー戦へ向けて意気込みを語った。対戦相手はシーナ・スター(34=アメリカ)。アマチュアで勝利はまだ収めていないが7戦ものキャリアを持つ。試合はRIZIN女子MMAルール、5分3R、57.0kg契約で行われる。

最終更新:7/5(水) 18:20
イーファイト