ここから本文です

迷惑メールに悪用されたブランド、トップ3は「USPS」「Amazon」「FedEx」(エフセキュア)

7/5(水) 8:00配信

ScanNetSecurity

エフセキュア株式会社は7月4日、フィンランドF-Secureの研究所であるF-Secure Labsによる「2017年上半期に迷惑メールにより偽装されたトップ企業のリスト」を公開した。同社では、企業規模が大きくなるほど関係者も多くなるため、迷惑メールの「おとり」にブランド名を使う攻撃者にとって、より魅力的になると指摘している。

リストは次の通り。

1. USPS
2. Amazon
3. FedEx
4. Apple
5. PayPal
6. Walgreens
7. Microsoft
8. Eharmony
9. Lyft
10. Facebook
11. Bank of America
12. Match.com

大手IT企業以外では、オンラインデート(Match.com)や金融(PayPal)などの特定の業種が上位となった。また、USPSやFedExのような配送サービスでは、荷物の配送通知がおとりとして使用されている。ドイツではGiropayとEbayが、北欧ではNordea Bank、Ikeaが頻繁に悪用されるという。そしてこれらは、マルウェア感染やクレジットカード情報などを盗もうとする。エフセキュアでは、こうした迷惑メールの脅威に対し、zipファイルの扱いに注意すること、jscriptの分離、Officeファイルのマクロの無効化などのヒントを挙げている。

(吉澤 亨史)

最終更新:7/5(水) 8:00
ScanNetSecurity