ここから本文です

BiSHと奏でた熱狂のオーケストラ、DISH//の対バンツアーお台場で大団円

7/5(水) 0:21配信

音楽ナタリー

DISH//が昨日7月4日に東京・Zepp DiverCity TOKYOにてツーマンツアーの最終公演「HMV Presents『DISH// やる気マンマン2マン TOUR -B?D?ISH!!-』」を開催した。

【写真】DISH//とBiSHのコラボの様子。(他9枚)

「やる気マンマン2マン TOUR」は6月より行われたDISH//の対バンツアー。OKAMOTO’Sを迎えた大阪公演、BOYS AND MENを迎えた愛知公演を経て、この日のファイナルには彼らと名前の似ているBiSHがゲストアーティストとして出演し、2組はともに熱いパフォーマンスでオーディエンスを魅了した。

客電が落ちた瞬間にダッシュでステージに登場した先攻のBiSHは「来たぞダイバーシティ! DISH//とBiSHと今日は騒いでいこうぜ!」というセントチヒロ・チッチの叫びから「BiSH-星が瞬く夜に-」でライブをスタートさせる。冒頭からエネルギッシュなダンスと煽りで会場を熱くさせると、彼女たちは2曲目、3曲目にも同じ「BiSH-星が瞬く夜に-」を投下した。予想外のスタートダッシュに3回目のイントロが鳴った瞬間フロアからは大きなどよめきが起き、チッチは「清掃員(BiSHファン)もスラッシャー(DISH//ファン)も一緒に騒ごうぜー!」と呼びかける。振りをすっかり覚えたオーディエンスはサビで息ぴったりに彼女たちと踊ってみせ、最後には大きなシンガロングが湧き起こった。

6人の咆哮とヘッドバンギングに清掃員がヒートアップした「MONSTERS」を経て、「DA DANCE!!」で彼女たちはキュートな一面でファンを魅了。エモーショナルなパフォーマンスを見せた「Primitive」、アイナ・ジ・エンドの絶唱が響いた「プロミスザスター」と、8曲をほぼノンストップで駆け抜ける。MCではハシヤスメ・アツコが「DISH//さんとは名前が似ていることは以前から知っていたのですが、こんなに早くツーマンに呼んでいただけるなんて。名前が似ててよかったね」とメンバーに語りかけた。そして彼女は「アユニ・Dはいつも『アユニ・DのDはダイナマイトのDです』とか言ってるけどさ、ホントはDISH//さんのDなんじゃないの?」とアユニ・Dに絡みに行く。何度も「ねえ、ねえ!」と問いかけるハシヤスメをウザがるアユニは「はいはい、そうですそうです」と彼女をあしらって会場の笑いを誘った。

「GiANT KiLLERS」「Marionette」と、最新作「GiANT KiLLERS」の収録曲が連続で披露されたあと、BiSHのライブは終盤へ。「ALL YOU NEED IS LOVE」では「私たちと一緒に肩組んで歌いませんかー!」という彼女たちの呼びかけに、清掃員もスラッシャーも共に肩を組んで身体を揺らす。6人が最後に届けたのは、この日4回目となる「BiSH-星が瞬く夜に-」。チッチは「もうみんな覚えたでしょ? 一緒に歌おー!」と言って、気持ちよさそうに歌声を響かせる。メンバーはフロアに降りてファンを煽り、会場の一体感は最高潮に。熱気が充満する中パフォーマンスを終えると、彼女たちは「このあとも楽しんでいってね!」と観客に伝えステージをあとにした。

後攻のDISH//のライブは北村匠海(Vo, G)がかき鳴らすギターの音色と共にスタート。橘柊生(DJ, Key, Rap, Flying dish)は「清掃員のみんな、スラッシャーのみんな……全員かかって来いや!!」と気合いをみなぎらせ、5人は1曲目にカバーソングの「WOW WAR TONIGHT ~時には起こせよムーヴメント~」をプレイする。耳なじみのあるメロディと5人のエネルギッシュな演奏にオーディエンスは即座に反応し、サビのパートではヘッドバンギングの波が起こった。

丁寧な自己紹介ののち、5人はBiSHのライブを会場の2階で観ていたことを明かし、匠海は「久しぶりです。人のライブを観てアドレナリンが出すぎて吐きそうになったのは」と興奮気味に語る。彼は昨年11月に行われた「DDTフェス2016 supported by ナタリー」でBiSHと競演したときから対バンの実現を希望していたことを明かし「もう、BiSHさんに負けないライブをするしかないなって。やるからには勝つ気で精一杯行きます!」と気合いを入れた。

MCののちに届けられた「I'm FISH//」では柊生がオーディエンスを先導し、会場は揃いのダンスを踊ってグングンと一体感を高めていく。女子高生と付き合いたい男子の気持ちを歌う「JK//」では、メンバーがイントロ演奏後に楽器を置いて不意に踊り出す姿に清掃員も熱狂。5人のソロ回しのパートで大きな「JK!」コールが巻き起こった。

柊生作曲の「Loop.」では会場をミラーボールの光が照らし出し、5人はそれまでのアッパーなムードとは一線を画す艶っぽい表情を見せながらこの曲を歌い踊る。“ダンスロックバンド”としての多彩な表情を提示してオーディエンスを楽しませたのち、フロアを見つめた匠海は「みんなの熱が表情から伝わってきます」と口にすると「でもね、ボーカルの僕から言わせてもらうと、今日メンバー間も熱々なんですよ」と舞台上にも充満する熱気を観客に伝えた。彼は「ここから3曲ぶっ通しでいきます。ダイバーシティ大きく揺らして帰りましょう!」と叫び、BiSHのサウンドプロデュースを手がける松隈ケンタが作曲した「JUMPer」へと繋げる。5人のパワフルなプレイにオーディエンスが飛び跳ねて会場を揺らすと、柊生は「お前らまだまだこんなもんじゃねえだろ!」と叫んでフロアを一層熱くさせた。ラストの「愛の導火線」では残る力を出し切るような匠海のボーカルに、スラッシャーも清掃員も一緒になって踊り狂う光景が広がる。小林龍二(B, Rap)が泉大智(Dr)のバスドラムの上に立ってベースをかき鳴らしたりと、5人は振り切れたテンションでこの曲を駆け抜け、柊生は最後に「本当にいいライブだった!」と思い切り叫んだ。

DISH//はもう一度BiSHをステージに呼び込み、最後に2組によるコラボパフォーマンスを披露した。1曲目は清掃員でもある柊生の熱烈なリクエストによるBiSHの「オーケストラ」で、BiSHのメンバーはDISH//の演奏に乗せてこの曲を力強く歌い上げる。そして、ラストナンバーはDISH//のキラーチューン「東京VIBRATION」。匠海と矢部昌暉(Cho, G)は息の合ったボーカルを聴かせ、柊生はフロアに思いきりダイブしてオーディエンスと一体になる。演奏を終え、匠海は「最高のツアーファイナルでした!」とひと言。ステージ上のメンバーは「以上、DISH//とBiSHでした!」と声をそろえ、熱狂の共演に幕を下ろした。

HMV Presents「DISH// やる気マンマン2マン TOUR -B?D?ISH!!-」
2017年7月4日 Zepp Diver City Tokyo セットリスト
BiSH
01. BiSH-星が瞬く夜に-
02. BiSH-星が瞬く夜に-
03. BiSH-星が瞬く夜に-
04. MONSTERS
05. DA DANCE!!
06. 社会のルール
07. Primitive
08. プロミスザスター
09. GiANT KiLLERS
10. Marionette
11. beautifulさ
12. ALL YOU NEED IS LOVE
13. BiSH-星が瞬く夜に-

DISH//
01. WOW WAR TONIGHT ~時には起こせよムーヴメント~
02. サイショの恋~モテたくて~
03. I’m FISH
04. JK//
05. 虹のカケラ
06. Loop.
07. JUMPer
08. 皿に走れ!!!!
09. 愛の導火線

DISH//&BiSH
01. オーケストラ
02. 東京VIBRATION

最終更新:7/5(水) 0:21
音楽ナタリー