ここから本文です

広瀬すず、弓道に初挑戦! 「いままでで一番難しかった」『先生!』

7/5(水) 8:00配信

cinemacafe.net

主演・生田斗真、ヒロイン・広瀬すずで贈る、河原和音原作『先生!』。いまもなお根強い人気を誇る伝説的少女コミックを、『アオハライド』『青空エール』の三木孝浩監督が映画化した本作から、弓道に初挑戦した広瀬さんの“弓道着姿”が初公開された。

【写真】弓道に初挑戦する広瀬すず/『先生!』

高校2年生の響は、ちょっと不器用でまだ恋を知らない17歳。そんな響が生まれて初めて本当の恋をする。その相手は、口ベタだけれど生徒思いな世界史の教師、伊藤だった。「好きになっても、いい?」「お前の気持ちにはこたえられない」初恋はあっさり玉砕。だけど…。「いまは一番好きな人を、好きでいたい!」響の純粋過ぎる想いは、ゆっくりと伊藤の心を動かしていく――。

本作で広瀬さんが演じているのは、ぶっきらぼうな性格だが、生徒思いの教師・伊藤貢作(生田斗真)に“初恋”をしてしまう女子高校生・島田響。これまで、『海街diary』でサッカー、『四月は君の嘘』ではバイオリン、『ちはやふる』シリーズでは競技かるた、さらに『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』では本格的なチアダンスと、抜群のセンスと集中力で様々な役柄に挑戦してきた広瀬さん。

そんな彼女が今作では弓道に初挑戦! 撮影後には「いままでで一番難しかったです」と明かしたほど、習得には苦労した様子。初めて弓をもった日には「立っている姿勢だけでだいぶ辛い」と立ち姿一つをとってもこれまでとは勝手が違ったことを明かしていたが、しかし一切妥協はせず、「腕も細くなりそうだし、お尻も小さくなりそうです。エクササイズみたいな感じで(笑)」と持ち前の明るさで見る見るうちに上達。そして弓道指導の先生の元、撮影の1か月以上も前から猛練習に励み、初挑戦ながら弓道ならではの美しい所作を見事に習得。

公開された弓道のシーンでは、初めて芽生えた恋に葛藤する響の“言葉にならない心情”が、放つ矢を通して感じられる、原作でも印象的な場面。いつもの広瀬さんのはじけるような笑顔とは打って変わって、凛とした佇まいから醸しだされる誠実でひたむきな一面が印象的だ。

今回指導にあたった先生は、「これだけ練習が続いて、たくさん弓を引いているので相当疲れているかと思いますが、広瀬さんの所作はとても美しいです。要領もそうですが、礼の仕方、姿勢も素晴らしい。ちょっと言葉をかけると、すぐに出来ちゃうので、安心して声をかけられます」と太鼓判。広瀬さんも、「いままでの役は身体を激しく動かすことが多く、集中力が必要となる弓道は、新しい感覚で楽しいです」とコメントしている。

『先生!』は10月28日(土)より新宿ピカデリーほか全国にて公開。

最終更新:7/5(水) 8:00
cinemacafe.net