ここから本文です

(てんでんこ)皇室と震災2:1 血の叫び

7/5(水) 7:30配信 有料

朝日新聞デジタル

 ■地元は乗り気でなかった。それでも宮内庁側は重ねて訪問の意向を告げてきた。

 天皇陛下は皇太子時代の1959年10月、伊勢湾台風の被災地を訪れている。当時25歳。4月に結婚した皇太子妃美智子さまは懐妊中で、単身での訪問だった。
 伊勢湾台風は59年9月26日に東海地方を襲い、暴風雨と高潮で愛知、岐阜、三重3県の平野部が泥水につかった。約5千人が死亡・行方不明となり、100万人以上が被災するという甚大な被害が出ていた。
 皇太子明仁さまの列車が国鉄名古屋駅に着いたのは台風来襲8日後の10月4日午前11時25分ごろ。……本文:1,830文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社