ここから本文です

“彼女の夢はラッパーになること”ドキュメンタリー映画「ソニータ」日本公開

7/5(水) 17:53配信

CDジャーナル

 アフガニスタンからイランの首都テヘランへと逃れ、パスポートも滞在許可証もない、不法移民として生活する18歳の女の子ソニータが“ラッパーになる”という夢を追いかける姿を追ったドキュメンタリー映画「ソニータ」が10月21日(土)より東京・アップリンク渋谷で公開されます。

 タリバンの影響力が強まるアフガニスタンから10歳の頃にイランへ逃れ、テヘランの子ども支援団体が運営するシェルターで教育を受けるソニータの夢は“ラッパー”になること。だが、アフガニスタンに住む親は、古くからの習慣どおりに彼女を見ず知らずの男性に嫁がせようとする。花嫁の値段は9,000ドル。この資金は兄の結婚の結納金となる。彼女は、自分の夢を追いかけたい一方、家族との関係も失いたくないというジレンマを抱えながらミュージック・ビデオを制作する――。〈サンダンス映画祭2016〉でグランプリと観客賞のダブル受賞を果たした「ソニータ」は、自らの人生を“歌うこと”で切り拓こうとする女の子の姿を記録した作品。オフィシャル・サイトでは、俳優の斎藤 工やサヘル・ローズ、一青 窈らによるレビューが紹介されています。

最終更新:7/5(水) 17:53
CDジャーナル