ここから本文です

実は連絡も…有村架純の姉・藍里が語る「不仲説」の真相

7/5(水) 9:26配信

日刊ゲンダイDIGITAL

 有村架純(24)の実姉でタレントの有村藍里(26)が、本名で初のセクシー写真集「i」(講談社)を発売し話題になっている。「お尻ではちょっとだけ妹にも勝っている」と言うお姉ちゃんを直撃した。

 実は有村は「新井ゆうこ」という芸名で活躍していたグラビアアイドルで、キャリア10年の実力派。デビューは妹よりも早かった。

「実名がバレて以来、もっとお仕事に責任を持ってやっていこうと10年目にして本名に変えました。自分自身は変わっていないけれど、SNSのフォロワーが急に1000人単位で増えたのはちょっと驚きましたね。

 水着の時がいちばんイキイキしていて表情がいい、って言われることが多くて。気づいたら、グラビアの仕事が多くなりました。チャームポイントはお尻です。お尻だけは妹よりちょっとだけ勝ってるかな(笑い)。毎晩お尻にはボディークリームを塗って、寝るときは横向きにして、お尻の山を潰さないようにしています」

 今回は女性らしいマシュマロボディーをつくるために体重を5キロ増やして臨んだという仕事熱心な藍里。

 しかし、一部では朝ドラのヒロインにも抜擢された妹の人気に便乗しているという心ない批判もあり、不仲説が流れたこともあった。

「妹とは年も近いので、ファッションや化粧品の話とか連絡を取りあっていて、ごく普通の姉妹ですよ。私の写真集に関しては照れくさくて言えなかったけど、『ネットニュースで見た! おめでとう』って言ってくれました。仕事の話はお互いしませんが、妹の出演する作品は必ず見ています。今『ひよっこ』を録りだめしていて早くおうちに帰って見たいんです。今後はサバイバル体験とか体当たり系のバラエティー番組とか何でも断らずに挑戦してみたい。妹と共演もいいな。ドラマでリアル姉妹役とか演じてみたいです」

 セクシー共演なら更に大歓迎だ。