ここから本文です

テリー、引退後の夢はチェルシー指揮官 「大きすぎる夢なんてない」

7/5(水) 12:33配信

ISM

 アストンヴィラ(イングランド2部)DFジョン・テリー(36)が、現役引退後に古巣チェルシーの監督を務めることが夢だと語った。英『BBC』が現地時間4日に伝えている。

 昨季限りで、ユース時代から22年を過ごしたチェルシーを退団したテリーは、アストンヴィラと1年契約を締結。プレミアリーグ勢からもオファーがあったが、チェルシーとは対戦したくないとの理由で、新天地にチャンピオンシップ(2部相当)を選択した。

 複数の現地全国紙によると、テリーは「大きな夢を見すぎているかって? 大きすぎる夢なんてないと思う。僕はつねに、最高を目指してきた。そして監督という職業においては、チェルシーがそれに当たると思う」と、将来的に愛する古巣で指揮をとりたいと語った。

 しかし一方で「それは素晴らしいことだが、最初の仕事でチェルシーのような場所へ行くことはできないということも理解している」とコメント。引退後にいきなりビッグクラブで指揮をとるのは現実的ではないとし、イングランド代表でともに戦ったアストンヴィラのスティーヴ・ブルース監督からも多くを学びたいと述べている。(STATS-AP)

最終更新:7/5(水) 12:33
ISM