ここから本文です

無所属・本田圭佑「多くのクラブが興味を示してくれている」

7/5(水) 11:31配信

東スポWeb

 イタリア1部ACミランとの契約が終了し、1日から無所属になった日本代表FW本田圭佑(31)は、6月18日に練習を再開した際、去就について「多くのクラブが興味を示してくれている」と現状を説明していた。

 実際に、J1クラブやレバンテ、ラスパルマス(ともにスペイン)、トラブゾンスポル(トルコ)が本田に興味を示し、接触を図っている。7月に入り海外メディアは、トルコ1部ガラタサライが年俸200万ユーロ(約2億5600万円)の2年契約でオファーを出したと報道。周囲は慌ただしくなってきたが、本田は「全てテーブルに載せる。最後まで粘ってじっくり」とも話しており、慎重に見極めていく方針だ。

 現在は米国に滞在し、同国2部のユナイテッドサッカーリーグに所属するオレンジカウンティSCの練習に参加。調整を続けている。

最終更新:7/5(水) 11:31
東スポWeb