ここから本文です

セバジョス、レアル・マドリー移籍の条件とは?ハメスとモラタの退団が鍵に

7/5(水) 18:35配信

GOAL

去就に注目が集まっているベティス所属のU-21スペイン代表MFダニ・セバジョスだが、移籍実現にはある条件が付随しているようだ。スペイン『マルカ』が報じている。

レアル・マドリー、バルセロナ、ユヴェントスが獲得に興味を抱いているセバジョス。特にマドリーは強い関心を抱いており、すでに契約解除金1500万ユーロ(約18億円)を上回る移籍金を準備しているといわれる。

しかしながらセバジョスは、現時点でマドリー移籍に難色を示している様子である。マドリーに加入しても、自身が余剰戦力になる可能性があると考えているためだ。そこでマドリーはMFハメス・ロドリゲスとFWアルバロ・モラタの放出を急いでいる。

セバジョスは4日にベティス幹部と会合を行った。同選手は会合後、報道陣に対して「2週間以内に(去就に関して)話す」と述べた。ベティス側からは2020年までの契約延長、契約解除金が3000万ユーロ(約37億円)に引き上げられる新契約をオファーされているとみられるが、セバジョスは決断に時間をかける構えだ。

GOAL

最終更新:7/5(水) 18:35
GOAL