ここから本文です

日欧EPA、反保護主義の象徴として重要=独商工会議所連合会

7/5(水) 9:27配信

ロイター

[ベルリン 4日 ロイター] - ドイツ商工会議所連合会(DIHK)は4日、合意間近とされる日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(EPA)について、保護主義に対抗する象徴的で重要な一歩となるとし、ドイツ経済にも恩恵をもたらすとの見解を示した。

日本とEUは6日に首脳協議でEPAの大枠合意に達する見通し。

DIHKのフォルカー・トライアー氏は、日欧EPAは経済的に重要とした上で、「象徴としての影響力はさらに大きい」と指摘。「世界の貿易政策に良い影響を与える点でドイツ経済にとっても重要だ」と述べた。

最終更新:7/5(水) 9:27
ロイター