ここから本文です

神木隆之介、セカオワから“プレッシャー”を指摘され大慌て「威圧もしていません」

7/5(水) 23:30配信

cinemacafe.net

映画『メアリと魔女の花』のチームメアリ結成トークイベントが7月5日(水)、都内にて開催され、声優を担当した杉咲花、神木隆之介、佐藤二朗、主題歌を担当した“セカオワ”こと「SEKAI NO OWARI」、米林宏昌監督、西村義明プロデューサーが登壇した。

【画像】イベントに登壇した杉咲花&神木隆之介

同作は、スタジオジブリ出身の米林監督がメガホンを取り、イギリスの児童文学を原作に、7年に1度しか咲かない不思議な花“夜間飛行”を偶然見つけた主人公・メアリの大冒険を描く。一夜限りの不思議な力を発揮し、魔法世界の最高学府であるエンドア大学への入学を許可されたメアリだが、彼女がついたウソが大切な人を大事件に巻き込んでしまう。スタジオポノック第1回長編作品となり、杉咲さんが主人公メアリ役を、神木さんがメアリと一緒に冒険を繰り広げることになるピーター役を演じる。

トークでは、米林監督から、子どもをはじめ幅広い人たちに口ずさんでもらえるような主題歌を構想した際に「SEKAI NO OWARI」が頭に浮かんだエピソードが語られた。映画の制作途中に「SEKAI NO OWARI」のメンバーにスタジオに来てもらい、絵コンテなどを見てもらったうえで主題歌「RAIN」を制作してもらったそう。

米林監督の言葉を受け、「SEKAI NO OWARI」のSaoriさんは「最初にオファーを頂けたという話を聞いて、スタジオポノックさんに4人で伺ったのですが」とふり返った。「プロデューサーと監督がすごい熱意で、『こんな思いで映画を作っているのです。僕らは本気なのです』ということをおっしゃって、その後に、“僕たちについてこれますか?”みたいな(笑)」と明かした。「僕たちについてこれますか?」と直接、言葉にしたわけではないそうだが、「SEKAI NO OWARI」のFukaseさんも「大きい意味ではそうでした」といい、Saoriさんは「“挑戦状だな。これは!”と『SEKAI NO OWARI』のメンバーは思いながら受け取りました」と続けた。同時にSaoriさんは、「今回の歌詞はFukase君が先に書いて、それを引き継ぐ形で私も一緒に書いたのですが、Fukase君はもう最初にスタジオポノックさんに行った帰りの車の中で、私が『歌詞、どんな感じにする?』と話しかけたら、『大丈夫、俺、もう考えているから』とピシッと言われました。そのときに浮かんでいたのだと思います」と制作秘話を披露する一幕もあった。

イベントでは、出演者や関係者向けの試写会の様子も話題にあがった。Saoriさんは「私たちの前にプロデューサーさんや神木さん、みなさんがいらっしゃいました。私たちの前に後頭部が見えていて、その先にスクリーンがあったので、『どんな顔をして観ているのだろう』と。でも、見えないのですごくソワソワしていて」と告白。Fukaseさんが「後頭部の圧力があったよね(笑)」と相づちを打つと、Saoriさんは「後ろに向かって放たれていたので、緊張していました(笑)」と同意し、トークを盛り上げた。

一方、「SEKAI NO OWARI」の大ファンで「RAIN」の感想を尋ねられFukaseさんに「何であんなに美しい声なのですか?」と質問していた神木さんは、「後頭部からオーラを放っていませんし、威圧もしていません」とたじたじの様子。逆に、「素敵な曲に引きこまれながら、『あっ、後ろにいるんだ』と思いました」と当日の様子を回顧。Fukaseさんは、「みんなそういう感じだったのですね」と納得した様子を見せていた。

『メアリと魔女の花』は7月8日(土)から全国にて公開。

最終更新:7/5(水) 23:30
cinemacafe.net