ここから本文です

地元富士への思い、歌に シンガー・ソングライターの結花乃さん

7/5(水) 17:00配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 富士市出身で2016年にデビューしたシンガー・ソングライターの結花乃(ゆかの)さんが、市のブランドメッセージ「いただきへの、はじまり」をテーマにしたメッセージソングを手掛けた。23日に市内で開かれる富士まつりで、地元への思いを込めた歌を披露する。

 結花乃さんは県立富士高卒。3年時に友人と結成したバンドで学校祭「富嶽祭」で人生初のステージに立ち、人前で歌う楽しさに魅了された。大学卒業後は看護師として働きながら路上ライブなどで経験を積んだ。

 ブランドメッセージソング制作は昨秋、結花乃さんが市役所を訪れた際に市から提案された。歌には「工場」や「小さな赤い電車」など故郷を想像させる言葉がちりばめられている。タイトルはブランドメッセージと同じ「いただきへの、はじまり」。市の提案を「地元が応援してくれていると感じ、うれしかった」と振り返り、「大好きな富士市の良さを発信したい」との思いで手掛けた。

 結花乃さんは今年6月、富嶽祭で卒業生や在校生の前で凱旋(がいせん)ライブを行った。高く透き通る歌声で「いただきへの、はじまり」など6曲を歌い上げた。「学校に来たのは卒業以来。歌うために戻ってくるとは思っていなかった」と話し、笑顔でファンサービスに臨んだ。

 富士まつりではロゼシアター前の歩道橋をステージにしてコンサートを繰り広げる。富士まつりは昨年、約6万人を集めた一大イベント。結花乃さんは「富士市に住んでて良かったと思ってもらえるステージにしたい」と意気込む。

静岡新聞社