ここから本文です

日立など、テレマティクスサービス「D-rive GO」を保険会社へ提供開始

7/5(水) 17:45配信

レスポンス

日立製作所とデロイト トーマツ リスクサービス(DTRS)、デロイト トーマツ コンサルティング(DTC)は、自動車の運転特性データを提供するテレマティクスサービス「D-rive GO」(ディーライブゴー)を共同開発、7月5日より提供を開始した。

D-rive GOは、スマートフォンのGPS、加速度センサー等で収集した運転データを、クラウド環境で解析して運転の特徴を安全運転スコア化し、また過去の走行記録により走行地域の危険度を判定する。また、全ユーザーの運転情報を解析しスマートフォンにフィードバックすることで、急ブレーキの多い箇所等を危険度表示し、ドライバーの安全意識向上にも貢献する。

3社は第1ステップとして、日本の保険会社を対象に、走行距離や運転特性に応じて保険料を算出するテレマティクス保険向けサービスとして「D-rive GO」を提供していく。さらに、地方自治体や運送業界など、保険会社以外の分野においても、安全運転や燃費向上による環境への貢献等、テレマティクス利用が見込まれるサービスの拡充とグローバル展開を図り、3年以内に「D-rive GO」アプリ利用者100万人の獲得をめざす。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:7/5(水) 17:45
レスポンス