ここから本文です

【新日本】永田が全日初参戦の愛弟子・岡に過酷指令

7/5(水) 16:45配信

東スポWeb

 新日本プロレスのミスター・永田裕志(49)が4日、期待の大型ルーキーに過酷指令を出した。

 若手育成興行「ライオンズゲート」から全日本プロレスとも交流が始まり、5日の全日本新木場大会にはレスリング元全日本王者の岡倫之(26)が初参戦する。師匠の永田は「キャリアは少ないけど、俺が引っ張ってきたとんでもない人材だからね。どこのリングであろうと持ってるものをフルに出して戦ってこいということですよ」と期待をかけた。

 しかも岡、北村克哉(31)のヤングライオン組の相手は、秋山準(47)、大森隆男(47)組だ。それでも「彼らの活躍次第では大きな交流、対決になる可能性もある。向こうのチームを食っちゃう可能性も全くないわけじゃない。爆発してほしいね」と命じ、さらなる交流の輪が広がることを期待した。

 全日本からも青柳優馬(21)らの若手選手がライオンズゲートに参戦しており、永田もその実力を認めている。だからこそ「全日本が躍進しているのは若い選手の充実があるから。さすが秋山準社長だな」とかつてのライバルに対する“対抗心”もあるようだ。

 この日の新宿大会ではK―DOJOのGO浅川(27)に岩石落とし固めで快勝。試合後は2005年大会以来となるヤングライオン杯の復活を提唱した。

最終更新:7/5(水) 16:45
東スポWeb