ここから本文です

韓国国防相「北朝鮮、核実験の可能性高い…韓米連合のミサイル打撃訓練は今回が初」

7/5(水) 13:42配信

WoW!Korea

韓国国防部のハン・ミング長官は5日、韓国と米国ミサイル部隊が北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)を狙った打撃訓練を実施したことについて「韓米が一緒にミサイル訓練したのは今回が初めて」と明らかにした。

 ハン長官はこの日、国会国防委員会に出席し「今回の武力デモンストレーションは大統領が承認した」とし「韓国安保室長と米国安保補佐官の通話があった」と述べた。

 ハン長官は「今回のミサイル訓練は状況に応じて実施する訓練であり、実施するのが良いという判断があり承認したもの」と付け加えた、

 ハン長官はまた今回のミサイル訓練の他にも、追加的な韓米連合措置があるだろうとも述べた。

 「北の核とミサイル脅威からどのように国民を保護するのか」という議員の質疑には「北朝鮮の核武器は6回にわたって小型化水準に達したと言うしかない」とし「核脅威対応は北朝鮮が目標とする最終的な状態を達成したという前提で国防部と軍はいくつも軍事的対応策を講じている」と答えた。

 また「3軸システムを通じて、敵ミサイルを破壊し迎撃するという概念で対応している」と付け加えた。

 北朝鮮がすぐに6回目の核実験をするだろうとの見通しについては「断定的に述べるのは難しい。しかし北朝鮮は、核実験はミサイル完成が目標であるため、その可能性が高い」と答えた。

 ハン長官は「北朝鮮はいつでも核実験ができる状態を維持している」としながらも、「しかし特別、核実験が差し迫ったりした兆候はない」と述べた。

最終更新:7/5(水) 13:42
WoW!Korea