ここから本文です

オートバックス、「ペダルの見張り番」売上金の一部を交通遺児等育成基金へ寄付

7/5(水) 20:45配信

レスポンス

オートバックスセブンは、2016年12月から販売を開始している急発進防止装置「ペダルの見張り番」の売上金の一部、100万円を交通遺児等育成基金へ寄付したと発表した。

[関連写真]

ペダルの見張り番は、踏み間違い事故を未然に防ぐため開発した後付け可能な急発進防止装置。10km/h未満での徐行時や停止状態で、ブレーキと誤ってアクセルを強く踏み込んでしまった際は、車両側の車速・ブレーキ信号を検知し、アクセル開度を電気的に制御するオーバーアクセルキャンセラーにより、誤発進を防止。また、アクセルとブレーキを同時に踏んだ際は、ブレーキオーバーライドシステムが機能し、ブレーキ動作を優先する。

昨今、高齢者や運転に不慣れな人による、アクセルとブレーキの踏み間違いによる事故が相次いで発生している。同社では、同製品を通じて交通事故が撲滅されるようにという願いを込めて、売上金の中から100万円を交通遺児等育成基金へ寄付した。

ペダルの見張り番は、軽自動車からミニバンまで、国産車100車種以上に幅広く対応。オートバックスによると、取付車種は軽自動車やコンパクトカーが多く、購入者の8割は65歳以上。「親のクルマに装着したい」と親子で来店するケースも多くあったという。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:7/5(水) 20:45
レスポンス