ここから本文です

稀勢の里、高安と連日の3番稽古 10戦全勝と復調

7/5(水) 13:53配信

デイリースポーツ

 大相撲名古屋場所(7月9日初日、愛知県体育館)

 左上腕部などを負傷し、夏場所を途中休場した横綱稀勢の里(31)=田子ノ浦=は5日、愛知県長久手市の宿舎で弟弟子の新大関高安(27)と連日の三番稽古を行い、10戦全勝と復調を見せた。

【写真】4横綱の熱田神宮土俵入りに過去最高の8千人 稀勢の里「ありがたい」

 前日は7勝10敗と負け越した相手を力でねじ伏せた。鋭い立ち合いから、右上手をつかみ胸を合わせた。組み止めてから力勝負で次々と寄り切った。新大関自慢の突き押しも重い腰でこらえるなど隙がなかった。

 前日は携帯電話の動画で立ち合いを撮って確認。「少しのことで変わりますから。いいんじゃないですか」と修正に手応えを得た。