ここから本文です

高安、稀勢の里に10戦全敗も「いい手応えはあった」

7/5(水) 14:23配信

デイリースポーツ

 「大相撲名古屋場所」(7月9日初日、愛知県体育館)

 新大関高安(27)=田子ノ浦=は5日、愛知県長久手市の宿舎で横綱稀勢の里(31)と三番稽古を行い10戦全敗と完敗した。

 「横綱の当たりが強かった。自分も結構、全力で当たったけど、押し込めなかった」。前日は10勝7敗と勝ち越したが、完ぺきにリベンジされた。立ち合い踏み込みから一気に持っていかれるなど、この日は横綱の気迫勝ちだった。

 圧倒はされたが、「調子は悪くない。いい手応えはあった」と確認すべき動きは試すことができた。「いろんなことをシミュレーションして。大きくは変えてないけど微妙なところを少しずつ変えながら。体力、気持ちを盛り上げながら、しっくり来るものを選んでいきたい」と進化に自信をのぞかせた。