ここから本文です

【プロキオンS】ベストマッチョ 馬なりのまま1馬身先着「前めでうまく立ち回れれば重賞でも頑張れそう」

7/5(水) 20:15配信

東スポWeb

【プロキオンS(日曜=9日、中京ダート1400メートル)注目馬5日最終追い切り:美浦】ベストマッチョ(写真左)は南ウッドで6ハロンからハートレー(古馬オープン)に6馬身先行。結局、最後まで馬体が並ぶことはなかったが、馬なりのまま1馬身先着した(84・5―68・3―53・1―39・3―12・9秒)。

 手塚調教師「併せる形にならなかったが、そんなにやる予定はなかったし、この馬としては十分な動き。体も少し増えていい感じ。まだカイ食いが旺盛じゃなく体にすごみが出てくるのはこれからだが、根岸S(12着)から少しずつ馬はパワーアップ。前めでうまく立ち回れれば重賞でも頑張れそう」

最終更新:7/5(水) 20:15
東スポWeb

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ