ここから本文です

ベトナムのハノイ市、2030年までにバイク乗り入れ全面禁止へ

7/5(水) 16:18配信

ロイター

[ハノイ 4日 ロイター] - ベトナムの首都ハノイ市はウェブサイトで、市内の渋滞・公害対策として、2030年までにバイクの市内への乗り入れを全面禁止する計画が4日に可決されたと明らかにした。具体的には、一部地区への乗り入れを徐々に禁止していくという。

ハノイ市は、人口増に加え、中間層が記録的水準で自動車を購入しているため近い将来に通りが飽和状態になると見込まれるため、昨年初めて首都へのバイク乗り入れ禁止を検討した。

しかし、市の公共輸送設備が貧弱なこともあり、バイク利用者は使い慣れた交通手段を禁止するのは不可能と指摘。実効性を懸念する声もある。

ベトナムでは、急速な経済成長に伴い、今世紀に入ってから家計所得が4倍に増加。人口9000万人の半分がバイクを所有し、2016年には自動車販売台数が30%増加した。

最終更新:7/5(水) 16:22
ロイター