ここから本文です

パプアニューギニアへの通話料、ソフトバンクは他社の4倍

7/5(水) 16:51配信

ITmedia NEWS

 「携帯電話にパプアニューギニアから不審な着信を受けた」との報告が多数あったことを受け、「折り返し電話をかけてしまうと、高額な国際電話の通話料が請求される」と、NTTドコモやソフトバンク、KDDI(au)が注意を呼び掛けている。

 このニュースに関連し、「パプアニューギニアへの通話料がソフトバンクだけ極端に高い」と一部で話題だ。パプアニューギニアへの通話料(30秒当たり)は、ソフトバンクが249円、auが65円、ドコモは平日午前8時~午後7時が68円、それ以外は63円。ソフトバンクは他2キャリアの4倍にもなる。

 ほかの国への国際通話(30秒当たり)を見ると、ソフトバンク比較的割高で、auは安く、ドコモは平日昼間以外を安めに設定しているようだ。例えば米国は、ソフトバンクが34円、auが20円、ドコモが34/31円(平日午前8時~午後7時/それ以外)、英国はソフトバンクが119円、auが65円、ドコモが108円/78円――など。

(※)ドコモは平日昼間(午前8時~午後7時)の料金/それ以外の料金

 なぜソフトバンクは高いのか。ソフトバンク広報室に聞いたところ、「国際電話の料金は、各種コストを踏まえ、各社の方針で決めている」との回答で、具体的な理由については言及を避けた。

 国際電話の料金の決め方について、KDDI(au)とドコモにも取材したところ、KDDIは「現地の事業者との間での交渉によって値付けしている」(広報部)、ドコモは「料金は相手先事業者と調整して決める。国際電話の場合は中継事業者が決めている接続料金を加味し、料金を調整している」(広報部)との回答だった。

最終更新:7/5(水) 16:51
ITmedia NEWS