ここから本文です

NTTコム、IoTサービス事業者向け「100円SIM」を提供

7/5(水) 18:47配信

ITmedia Mobile

 NTTコミュニケーションズは、7月3日にセキュアな企業向けモバイルネットワークサービス「Arcstar Universal Oneモバイル グローバルM2M」のサービスラインアップとしてIoTサービス事業者向け「100円SIM」を提供開始した。

 モバイル回線からインターネットを経由せずに閉域網であるVPN「Arcstar Universal One」に接続するため、サイバー攻撃を受けることがないセキュアなIoTの通信環境を構築できるという。機密性の高い企業データや個人情報の通信、重要な設備をつなぐIoTでの用途に適している。

 SIMカードの利用、休止などの状態の切り替えを利用者側で一元管理できるほか、データ通信量の確認や通信量がしきい値を超えた場合のアラート設定などから利用状況の可視化もできる。これらの機能のAPIと、導入企業のシステムと連携させて管理を自動化することも可能だ。また、同一国・同一地域内で複数のモバイルキャリアと接続でき、障害発生時や圏外の場合も別のモバイルキャリアと自動接続して通信を継続する。

 同社が提供する「Enterprise Cloud」やMicrosoft「Azure」、Amazon Web Services「AWS」などのクラウドサービスに接続でき、ニーズに応じたIoT環境を構築できる。IoTプラットフォーム「Things Cloud」と組み合わせれば、機器やセンサーのデータ収集、閲覧や簡易分析までの環境をワンストップで構築できる。

 初期費用は1回線あたり500円(税別、以下同)で、IoT機器あたりの通信量が1MB以内であれば月額100円で利用できる。サービスの運用開始から実際に機器が通信を始めるまで、最大11カ月間通信料金が発生しない。1MBを超過した場合は、別途超過料金(100円/MB)が発生する。

 日本をはじめオーストラリア、中国、香港、インド、インドネシア、韓国、マレーシア、サウジアラビア、シンガポール、台湾、タイ、トルコ、ベトナム、フランス、ドイツ、イタリア、オランダ、スペイン、英国、カナダ、メキシコ、米国、南アフリカ、チュニジアといった全25カ国・地域であれば同一料金で利用できる。NTTコミュニケーションズの現地法人と契約すれば現地通貨決済にも対応する。

最終更新:7/5(水) 18:47
ITmedia Mobile