ここから本文です

C.O.S.A.、国内外プロデューサーを迎えたソロ作をSUMMITから

7/5(水) 21:32配信

音楽ナタリー

C.O.S.A.のソロ作「Girl Queen」が本日7月5日にSUMMITからリリースされた。

【写真】C.O.S.A.「Girl Queen」ジャケット(他1枚)

同じくSUMMITから昨夏発売されたKID FRESINO(Fla$hBackS)とのコラボアルバム「Somewhere」で広く世に知られることになり、今年6月にストリーミング配信で発表されたサニーデイ・サービスのアルバム「Popcorn Ballads」にも客演したC.O.S.A.。今作は6曲入りで、彼にとって2015年発表の自主制作盤「Chiryu-Yonkers」以来のソロ作となる。

プロデュースを務めたのは、同郷のRamzaや、ISSUGIとのコラボなどで知られるニューヨーク・ブルックリン在住のグラディス・ナイス、エイサップ・ロッキーなどに楽曲提供しているV Donといった「Somewhere」でも活躍した面々。さらにKOHHのトラックを数多く手がける理貴や、KID FREISINOとの作品でおなじみのArμ-2もプロデュースで参加している。

C.O.S.A.「Girl Queen」収録曲
01. 1AM in Asahikawa(Produced by Gradis Nice)
02. WGD(Produced by Ramza)
03. La Haine Pt.2(Produced by C.O.S.A.)
04. Ridin'(Produced by V Don)
05. I Can See Your Palm(Produced by 理貴)
06. Girl Queen(Produced by Arμ-2)

最終更新:7/5(水) 21:32
音楽ナタリー