ここから本文です

DeNA5連勝で阪神と1ゲーム差 ドラ1浜口は6勝目、宮崎は5安打固め打ち

7/5(水) 21:53配信

デイリースポーツ

 「DeNA4-1阪神」(5日、横浜スタジアム)

 3位・DeNAが連勝を5に伸ばし、2位・阪神と1ゲーム差に縮めた。ドラフト1位新人の先発・浜口が6回2/3、5安打1失点で6勝目(3敗)を挙げた。

 0-1の四回は1死一、二塁から梶谷の左翼ライナーを阪神・福留が照明を気にして後ろへそらす適時二塁打となり2走者が帰って逆転。五回は石川が左越え2号ソロを放ち1点を追加。八回は2死一、三塁で首位打者・宮崎がこの日5安打目となる左線適時二塁打を放ち4点目を挙げた。

 自身4連勝の浜口は、「粘りが僕の持ち味なので何とか投げました。(相手のドラ1大山には)絶対に打たれたくないと思って投げた。(6勝は)野手の方にも助けてもらい、(捕手の)高城さんにも引っ張ってもらっている」などと語った。

 逆転打の梶谷は、「すがすがしい気持ちだった。(浜口の投球は)頼もしく守っている。10勝してほしい」。自身初の5安打を放った宮崎は打率も・351にアップ。「初めてです。すがすがしい気持ちで打席に入った」と言葉を重ねて喝采を浴びた。

 阪神は連勝が2で止まった。先発・メッセンジャーは5回で126球を費やし7安打3失点で5敗目。二回無死一、三塁から梅野の中犠飛で1点を先制したが、逆転された。