ここから本文です

【MLB】ブレーブス主砲F.フリーマンが戦列復帰、三塁へコンバート

7/5(水) 12:12配信

ISM

 現地4日、アトランタ・ブレーブスの主砲フレディ・フリーマンが故障者リストから復帰。ただし、同選手は今後は従来の一塁手ではなく、三塁手として起用されることになる。

 ブレーブスは、フリーマンが5月17日に左手首を骨折して長期離脱が不可避になると、その穴を埋めにセントルイス・カージナルスからマット・アダムス一塁手を獲得。そのアダムスが移籍後39試合で12本塁打を放つなど予想を上回る活躍を見せたため、ブレーブスはフリーマンを三塁へコンバートして、アダムスとの併用に踏み切る形だ。

 27歳のフリーマンは、メジャーデビュー後は一貫して一塁手としてプレー。リハビリ中に三塁手としての練習を始めたとはいえ、実際に三塁を守るのはプロ1年目だった10年前のルーキーリーグ以来となる。(STATS-AP)

最終更新:7/5(水) 12:12
ISM

スポーツナビ 野球情報