ここから本文です

【MLB】ブルージェイズ連敗ストップ、J.A.ハップが要所でA.ジャッジ斬り

7/5(水) 12:15配信

ISM

 トロント・ブルージェイズは現地4日、敵地でニューヨーク・ヤンキースと対戦。先発のJ.A.ハップ投手が6回を4安打、2四球、6奪三振、1失点に抑え、4対1で勝利した。これでブルージェイズは連敗を5でストップしている。

 ハップは4点リードの4回に、指名打者アーロン・ジャッジに28号ソロを被弾。5回には2死一、二塁と一発で同点というピンチでジャッジを打席に迎えたが、ここはフルカウントから約153キロの速球で三振に仕留めて借りを返した。

 ハップ本人も5回の攻防が「このゲーム最大のヤマ場だった」と語っており、「ジャッジのスイングは腕が伸びてくるんだ。低めを打つのがとてもうまい。選球眼もいいしね」とジャッジへの称賛と警戒を口にしていた。(STATS-AP)

最終更新:7/5(水) 12:15
ISM