ここから本文です

杉咲花、神木隆之介のアフレコ絶賛「さすが神様!」

7/5(水) 17:28配信

オリコン

 女優の杉咲花が5日、都内で行われたアニメーション映画『メアリと魔女の花』チームメアリ結成トークイベントに出席。同作でヒロイン・メアリの声を担当している杉咲は、12歳の少年・ピーターの声を務める神木隆之介のアフレコを「さすが神様ですよ」と絶賛した。

【写真】佐藤二朗のささやきに大笑いする杉咲花

 独特な表現法に、佐藤二朗が思わず「神様って普通の神様だよ!」と笑顔でツッコミを入れると、杉咲は「イヒヒ」と大笑い。気を取り直して「私はもともと神木さんが声の出演をしている作品をたくさん拝見させていただいてきたので、ご一緒させていただけることがすごくうれしかった。完成したものを見た時に、神木さんのピーターの声を聞いて、メアリの天真爛漫さが活きているなと感じました」と言葉に力を込めた。

 一方の神木は照れ笑いを浮かべながら「僕が声を入れた時はもう後半の方だったので、すでに花様の声が入っていたのですが、もう素晴らしいお声をされているなと思いました」とベタ褒め。「メアリが叫ぶシーンとかもあるんですけど、喜怒哀楽の叫びのバリエーションだったりとか、メアリの爆発的なパワーを聞きながら、ピーターとして全うさせていただきました。花様に助けていただきました」と声を弾ませていた。

 同作は、2014年末にジブリを退社した米林宏昌監督が、新拠点スタジオポノックで製作する初の長編作品。イギリスの作家メアリー・スチュアート氏の児童文学に基づき、赤い館村に引っ越してきた主人公メアリが、7年に一度しか咲かない禁断の魔女の花“夜間飛行”を見つけたことから始まる冒険を描く。

 イベントにはそのほか、米林監督、西村義明プロデューサー、同作の主題歌「RAIN」を歌う4人組バンド・SEKAI NO OWARIも出席。同作は、8日より公開される。

最終更新:7/5(水) 17:53
オリコン