ここから本文です

【NBA】ヒートがC.ボッシュを正式にウェイブ

7/5(水) 15:38配信

ISM

 マイアミ・ヒートが現地4日、血栓による健康問題で戦力外になっていたクリス・ボッシュを正式にウェイブ(契約解除)した。ボッシュと球団側は数週間前、解雇について最終合意に至っていた。

 ヒートとボッシュとの契約は2年残っているが、チームのサラリーキャップには計上されないため、空いたスペースを今夏の補強に使うことができる。ボッシュには、2017-18シーズンの年俸2530万ドル(約26億6000万円)、2018-19シーズンは2680万ドル(約30億3000万円)が支払われる。

 パット・ライリー球団社長は、「マイアミに来て、クリスは自分自身の人生とバスケットボール選手としてのキャリアを変えた」とコメント。「マイアミ・ヒートに入団したことで、我々の想像を遥かに超えるほど、この球団を良いものにしてくれた。CBがこのチームを変えてくれたこと、4度のファイナル進出を果たし、2度の優勝に導いてくれたことを、我々は感謝し続けるだろう」と述べた。

 また、ライリー球団社長は「彼は間違いなく、球団史上最も偉大な選手の1人だ」と述べ、ボッシュの背番号「1」を永久欠番とすることを明言した。

 ボッシュは、13シーズンNBAでプレー。2010年にトロント・ラプターズからヒートに移籍し、レブロン・ジェームズ、ドウェイン・ウェイドと“ビッグスリー”を形成。4年連続のNBAファイナル進出、2度のリーグ制覇に貢献し、2014年に5年1億1800万ドル(約133億円)の再契約を結んだ。しかし、2014-15シーズンのオールスターブレイク中に血栓が見つかりシーズン終了。翌シーズンもオールスターブレイクに血栓が再発し、それ以来プレーできない状態が続いている。(STATS-AP)

最終更新:7/5(水) 15:38
ISM