ここから本文です

壇蜜、仙台藩との縁から「ひと肌脱ぎます!」と意味深アピール

7/5(水) 15:13配信

オリコン

 タレントの壇蜜が5日、都内で行われた「仙台・宮城【伊達な旅】夏キャンペーン2017」に出席し、「宮城県のためにひと肌脱ぎます」と意味深にアピールした。

【写真】壇蜜にずんだ餅を“ア~ン”とされ、満足げな表情を浮かべる村井宮城県知事

 夏でも涼しい仙台・宮城をアピールするため、浦島太郎の物語に登場する『竜宮城』に重ねて、「涼・宮城(りょうぐうじょう)の夏」と題した観光キャンペーンのイメージキャラクターに抜てきされた壇蜜。2017年は伊達政宗公生誕450年という記念すべき年だが、実は壇蜜の父方の祖先は、240年以上にわたって仙台藩に仕えてきたという歴史ある家系。そんな縁もあり、今回のイメージキャラクターに抜てきされることとなった。

 “涼”を感じさせる、薄いピンクのあじさい模様の着物姿でやってきた壇蜜は、「某番組(NHK総合の『ファミリーヒストリー』)で取りあげていただいたのですが、うちの父の家系がそうだということで、驚いています。でもうれしいですね。こういうお仕事がいただけるのは縁だなと思います」としみじみ。

 「夏でも涼しい仙台・宮城」をPRするため、「宮城のためにひと肌脱がせていただきます」と意気込む壇蜜。「実は広報の方に、本当に脱ぎましょうかと提案したんですが、それはいいですと言われました(笑)。だから今回は象徴的な意味で、ひと肌脱がせていただきました」と笑いながらも、「宮城に来てくださる方にいいご縁がありますように」と会場に呼びかけた。

 そしてこの日は「壇蜜さんにキャンペーンを協力していただく以上、わたしもこちらに駆けつけなければいけない」と語る村井嘉浩宮城県知事も浦島太郎の衣装で来場。壇蜜から宮城県の郷土菓子である、ずんだ餅をアーンと食べさせてもらうと、「めちゃめちゃおいしい!」と満足げな表情を見せた。

 また、報道陣からは「宮城には誰と行きたい?」という質問が飛びだしたが、それには「宮城の“涼”を感じるためにも、暑苦しい人と行きたいですね」と返答した壇蜜。熱愛が一部で報じられた(後に本人は「連絡先も知らない」と報道を否定)ピースの又吉直樹について誘い水を向けられるも、「又吉さんの髪はあんな感じですが、ゆったりとした方なので。もっと熱量のあるハイカロリーな方を探したい」と笑ってみせた。

 そんな流れから「『芸能人とうわさになってるじゃない』と、前の職場の方から連絡があったんです」と明かした壇蜜だったが、「私、その方に近影をちょうだいよと頼んだら、女性と一緒の写真を送ってきて。軽く失恋しました」と苦笑い。その男性は壇蜜のあこがれの男性で、気になっている存在だったそうだが、「でも、幸せならいいや」と気持ちを切り替えた様子の壇蜜だった。

最終更新:7/5(水) 15:15
オリコン