ここから本文です

Gカップグラビアアイドル・岸明日香、映画主題歌で歌手デビュー「人前というのが、いままでなかった」

7/5(水) 21:58配信

デビュー

 グラビアアイドルの岸明日香が、ヒロインを演じる映画『インフォ・メン~獣の笑み、ゲスの涙。~』の主題歌を担当することが決定。主題歌『ずっと・・ね』の公開レコーディングが都内で行なわれ、共演者の鈴木勤、逢澤みちるが応援に駆けつけた。

【写真】岸明日香の公開レコーディング。映画の場面写真。

 映画『インフォ・メン~獣の笑み、ゲスの涙。~』は「夜の天使たち」を題材にした『ユダーJudas-』『ハニー・フラッパーズ honey flappers』『W~二つの顔を持つ女たち~』に続く「ナイトシリーズ」の1作。大阪を舞台に、恋人の予期せぬ妊娠で、多額の借金を抱えた若者が、飛び込んだ道頓堀の無料案内所“インフォメン”で奮闘する姿を笑いと涙を交えて描いた作品。

 主人公・悟志を演じるのはカリスマ男性読モの鈴木勤。悟志の彼女役を演じるのが岸明日香。グラビアだけではなく、バラエティ番組や、映画『ハニー・フラッパーズhoney flappers』『W~二つの顔を持つ女たち~』などで女優としても活躍の場を広げている。

 今回のレコーディングについて岸は「人前で歌うというのが、いままでの芸能生活でなかったので、5年間の芸能生活で一番緊張しました」と正直な感想を語る。岸の歌を聞いた逢澤は「一番最初に思ったのは、なんて美声なんだ! 一回聴いただけなんだけど、ずっーと頭の中で流れている感じがしました。映画ではライバル同士なんですが、劇中、カラオケバトルとかなくてよかったな、と思いました」とコメントした。

 岸は演じるゆかり役について「究極のツンデレで、鈴木勤さん演じる悟志を翻弄する役なんですけど、この人、いい人なのか、悪い人なのかどっちなのか、演じていて分からないくらい自分でも翻弄されました。でもどこか憎めない魅力がある女の子なので、演じていて楽しかったです」と振り返る。

 そして「私の地元である大阪が舞台で、すごく思い入れがある作品です。主題歌を歌わせていただいて、映画の世界観がもっともっと伝わるように頑張ります」とアピールした。

 映画『インフォ・メン~獣の笑み、ゲスの涙。~』は2017年秋公開予定。

最終更新:7/5(水) 22:03
デビュー