ここから本文です

「ようこそ」補助金開始 飯舘に寄付で来訪費助成

7/5(水) 11:26配信

福島民報

 福島県飯舘村はふるさと納税と村の「いいたてっ子未来基金」に寄付した人を対象に、村を訪れる際の交通費の半額(片道分)を助成する「ようこそ」補助金の受け付けを今月から始めた。返礼品とは違った形で感謝を表すとともに、多くの人を呼び込み復興の現状や村の魅力を知ってもらう。
 補助額は寄付者が自宅から村まで公共交通機関を利用して直行した場合の費用で算出する。北海道や九州からの訪問者を想定し、上限を6万円に設定した。対象期間は2018(平成30)年3月末まで。菅野典雄村長は4日に村役場で記者会見し、「職員や村民が来村者を案内する。来村者にはまでいの心を感じてほしい」と話した。
 村は東京電力福島第一原発事故の影響で村産品をふるさと納税の返礼品にできないため、2015年12月から全国の特産品を寄付者に贈っている。6月末現在で累計1万5813件、6億910万円の寄付が寄せられた。ふるさと納税と「いいたてっ子未来基金」の寄付金は村の教育などに役立てる。
 補助金交付申請書は村役場で受け取るか村ホームページでダウンロードできる。問い合わせは村総務課企画係 電話0244(42)1613へ。

福島民報社

最終更新:7/5(水) 11:34
福島民報