ここから本文です

柳ケ瀬に新アイドル誕生 岐阜市在住の高校1年生

7/5(水) 9:24配信

岐阜新聞Web

 岐阜市の繁華街・柳ケ瀬に新たなご当地アイドル「高野マチコ」が誕生する。同市日ノ出町の劇場CRPシアターを拠点とし、16日から毎月第2、第4日曜日に定期公演を開催。ファンを呼び込み、柳ケ瀬の活性化につなげる。
 高野さんは岐阜市在住の高校1年生で、15歳。母親が柳ケ瀬の飲食店で勤務していることから、柳ケ瀬の活性化に一役買いたいと活動することにした。
 公演では高野さんの新曲「ヤナガセマンボ」「ヤナガセ LOVESONG」など計3曲のほか、かつて同劇場を拠点に活動していたご当地アイドル「モンソレイユ415」の持ち歌も披露する。歌をメインにし、1回40分程度の公演になる予定だ。
 新曲の作詞はプロデュースする清水一美さん(66)が「かむろ清」の名で行い、柳ケ瀬への愛を盛り込んだ。
 高野さんは「自分の曲が歌えて楽しい。初めてで不安はあるけど、自分ができることを出し切りたい」と意気込んでいる。

岐阜新聞社

最終更新:7/5(水) 10:10
岐阜新聞Web