ここから本文です

日本卓球はなぜ世界的強豪になったのか ー 指導者まで変えた「映像プレゼン」

7/5(水) 7:10配信

BUSINESS INSIDER JAPAN

卓球ニッポンの成長が止まらない。

6月5日に閉幕した卓球の世界選手権個人戦(ドイツ・デュッセルドルフ)で、金1、銀1、銅3と大躍進。メダル5個以上の獲得は、1975年大会以来42年ぶり。

【画像】ジャパンオープンは男女合わせ日本勢では唯一準決勝進出を果たした水谷。 彼の存在こそがここ十数年間の育成の成果だ。

中でも、男子シングルスで大会史上最年少で8強入りを果たした張本智和(13=JOCエリートアカデミー)や女子シングルスで48年ぶりに日本に銅メダルをもたらした平野美宇(17=同)など、若手の進化が目覚ましい。昨年のリオデジャネイロ五輪に続く好成績で、3年後の2020年東京五輪へ大きな手応えをつかんだ。

小学生の育成方法から見直した

ライオンジャパンオープン荻村杯(6月14~18日・東京)で男子シングルス4強に入った水谷隼(28=木下グループ)は、「日本が中国を抜くのは時間の問題ではないか。今まで通り、選手が切磋琢磨していけば勝てる日は近いと思う」と話した。

これまで卓球王国の中国に「追い付け」が合い言葉だったのが、「抜く」に変わっている。

進化の火付け役は、国際卓球連盟(ITTF)副会長で日本卓球協会副会長の前原正浩(63)だ。

始まりは、2001年に日本代表監督を務めた世界選手権で、男子団体が史上最低の13位になったことだった。現在は日本卓球協会強化本部長(当時、前原の後任で監督)を務める宮崎義仁から「前原さん、小学生のナショナルチームを作らなければダメだ」と言われた。

「当時の日本選手はフォアハンドはいいけどバックが弱いと、対戦相手にとっては攻めやすいプレースタイルだった。これは、練習方法や指導に問題がある。しかし、小学校の頃から何万回も打ってきて確立されたプレースタイルを高校生くらいで矯正しようとしても無理。初期設定を変えることを考えた」(前原)

「初期設定の変更」とは早期教育、つまり小学生の育成方法の見直しだった。

指導者を教育しなくては選手は変わらない

2002年、全国から有望な小学生を集めた。このやり方はサッカーなど他競技でもすでに始めていた。だが、前原はもうひと工夫施す。子どもを指導するコーチもしくは保護者がペアとなって帯同する条件をつけたのだ。

「普段から教えている指導者を教育しなくては、日本の選手は変えられない」

全国小学生大会でベスト16に入った選手と、その前に負けはしたが才能のある子どもとそのコーチか保護者を交えた2泊3日の研修合宿を繰り返した。

研修は前原が担当し、各指導スタッフを選出した。技術、フィジカル、メンタル、栄養。当時子どもが“キレる”ことが社会問題になっていたため、メンタルのトレーニングを。遠征の後半にバテてしまうのはバランスの取れた食事ができていないからだと、他国に先駆けてスポーツ栄養をカリキュラムに入れた。

現役時代、監督時代に指導者講習会に招かれ講義した際に、 「最初は資料を配って、それを読んで。いろいろ話せば自分の自慢話になったりした」(前原)という反省が生きた。

ふと見れば、受講者は寝ている。例えば、彼らがそれまで懸命に教えてきたフォアハンドに対して「フォアだけではダメだ」とシビアな話をするのだから、受け入れがたい指導者がいたのは当然だった。

「そこをとにかく変えなくてはならないのに、どうしたらいいのか」

1/3ページ