ここから本文です

年に一回送られてくる保険の「ご契約内容のお知らせ」はきちんと確認しよう

7/5(水) 6:59配信

マネーの達人

「ご契約内容のお知らせ」を開いてみよう

保険会社から年に一回、加入しているご契約内容のお知らせが契約者本人に郵送されてきます。

みなさんは読んでいますか? ほとんどの方が見ないで封筒のまま放っておくか、捨ててしまうのではないでしょうか。

一度じっくり読んでみることをお勧めいたします。意外と重要な情報が記載されていることがあります。

住所や氏名に変更はないか確認

まずは基本的なことですが契約者の氏名や住所が変わっていないかです。

引っ越しなどで住所が変わり、前の住所のままで転送されてきる場合があります。

氏名などは結婚などで改姓のケースもしばしばあります。

正しく変更しておかないと万が一の時に保険金を受け取る際には、保険金を受け取る時間がかかってしまうこともありますので注意しましょう。

確認することで請求漏れを防ぐ

自分が加入している保険の内容をすべて把握している方はそんなには多くないです。

また人によってはたくさんの保険に加入しているため、その存在さえを忘れてしまうこともあります。

そうした場合に万が一の時にせっかく保険金を受け取れるのに請求漏れをしてしまうケースもありますので「ご契約内容のお知らせ」は確認しておきましょう。

保険金受取人の変更も忘れないで

保険金受取人の変更は大事なことです。例えば離婚をした場合です。

今までは保険金受取人を前配偶者に指定していた場合に、変更をうっかり忘れてしまうと万が一の場合は前のままの配偶者に保険金が支払われることになってしまいます。

離婚したら保険金受取人の変更を必ず行いましょう。

ほかには、基本的なことですが証券番号、保険種類、契約日、保険期間、保険料の払込方法、銀行口座名などの情報が記載されています。

また配当の有り無し、契約者貸付金を利用していれば現在の貸付金の額、契約者貸付金の利用可能額の表示もあります。

もし変更項目がありましたら、郵送されてきた「ご契約内容のお知らせ」とともに返信用の郵送書類も入っておりますので記入して郵送も可能です。

また「ご契約内容のお知らせ」に記載しているコールセンターに電話をして変更も可能のケースもあります。

会社の方針も記載

「ご契約内容のお知らせ」には保障内容以外にも、加入している保険会社の概要や今後の方針など記載しております。

加入している保険会社は社会的責任を果たしているのかどうかなど確認することも契約者としては大事な見方です。

届いた「ご契約内容のお知らせ」は捨てないで年一回は、じっくり読んでみてはいかがでしょうか?(執筆者:和田 修三)

最終更新:7/5(水) 6:59
マネーの達人