ここから本文です

今のレアルには“世界最高の男・メッシ“すら入れない チームの絶対守護神「Noだね」

7/5(水) 8:20配信

theWORLD(ザ・ワールド)

チームメイトに自信

2016-17シーズンにリーグ戦とチャンピオンズリーグのダブルを達成したレアル・マドリードは、攻守両面において非常にバランスの取れたチームになっている。バルセロナに所属するFWリオネル・メッシは世界最高の選手の1人だが、そのメッシですら必要ないのだろう。

スペインの新星はNewイニエスタ、Newチアゴになれるか

スペイン『MARCA』によると、守護神を務めるGKケイロル・ナバスもメッシをチームに加えたいか?との問いに対し、「彼は偉大な選手だけど、僕のチームメイトも本当に信じられない選手たちだ。だから、Noだね」と答えており、現在の陣容に自信を持っているようだ。

もちろんメッシとクリスティアーノ・ロナウドが揃えば恐ろしい攻撃集団が完成するのだろうが、それで攻守両面ともに機能するかは分からない。今のレアルにはカリム・ベンゼマ、イスコ、まだメッシほどではないが特別な才能を持つレフティーのマルコ・アセンシオ、運動量でチームに違いを与えられるルーカス・バスケスなど様々な選手が所属している。わざわざメッシに頼る必要もないだろう。

来季レアルはリーグ戦連覇、そしてチャンピオンズリーグでは3連覇という途方もないミッションに挑むことになるが、ナバスが信頼するフィールドプレイヤーたちは再びメッシすら不要と思わせるパフォーマンスを見せてくれるか。

http://www.theworldmagazine.jp/

スポーツナビ サッカー情報