ここから本文です

【インタビュー】東京女子流、「アーティスト宣言」から2年を経た今、原点回帰へ

7/5(水) 11:06配信

トレンドニュース(GYAO)

東京女子流が、通算23枚目のシングル 「water lily ~睡蓮~」をリリースする。昨年「深海」より、前作「predawn」までを手がけて来たコンポーザー、Hi-raによる「夏」をテーマにした表題曲は、EDMビートを取り入れた大人のサウンド。「蓮」をイメージしたダンスとともに、女子流史上最もセクシーな楽曲に仕上がっている。

【一挙配信】東京女子流、ミュージックビデオを配信中>>

また、8月4~6日に開催される『TOKYO IDOL FESTIVAL 2017』(以下TIF)への出演が決定した女子流。2年前に「アーティスト宣言」をして以降、いわゆる「アイドルイベント」への参加を控えていた彼女たちが、再び原点とも言えるTIFに参加するのはなぜか。GYAOは今回、メンバー本人たちの口からその真意を語ってもらった。

■「音楽の楽しさを歌って踊って伝えたい!」という気持ちはデビュー当時から変わっていない(庄司)

――2015年に東京女子流は、TIFへの出演辞退を発表しました。それから2年経ち、今回参加することになった経緯を教えてもらえますか?

庄司:私たちは2年前に「アーティスト宣言」をしましたが、「音楽の楽しさを歌って踊って伝えたい!」という気持ちはデビュー当時からずっと変わっていません! アーティスト活動という形をとってみて改めて思ったのは、自分たちから活動の幅を制限してしまうのではなく、ライヴをやらせていただける場所があれば、どんどん自分たちの姿を届けていきたい。そう強く思ったので、今回出演させていただくことになりました。

――今回TIF出演発表に対する反応はどうだったのでしょうか。賛否両論ありましたか?

中江:「え、今出るの?」、「“出ない“って言ってたのはどうなったの?」という戸惑いの反応もありました。でも、どちらかというと「出てくれてうれしい」、「久しぶりに出るなら見にいこうかな」と楽しみにしてくださる声の方が多く、歓迎してもらえているのを感じて、より一層「がんばろう」と思えました。

――改めて、2年前の「アーティスト宣言」は何だったのかを教えてもらえますか?

新井:もっと自分たちが自発的に活動していかないといけないという決意が、「アーティスト宣言」でした。デビューしてしばらくは、当時のスタッフさんが舵(かじ)を取ってくださったものに対して、私たちは「付いていく」という感じだったんですけど、やっぱり自分たちの力でライヴを作り上げたりとか、そういうこともやっていかなければいけないというのが自分たちが一番よく分かっていたんです。実際、宣言してからはライヴのセットリストを自分たちで考えたり、作詞にもチャレンジしたり、制作にも関わるようになって。「お客さんは、どういう思いでライヴに来てくれているのかな」とか、自分たちのことを客観的に見ることが出来るようになったので、そういう意味ではいい2年間だったのかなと思います。

――アーティスト宣言してからは、自分たちの状況は変わりましたか?

中江:男性グループや男性アーティストの中で出演するなど、東京女子流にとっては「アウェー」と言えるような場所で、アイドルイベントの時とはまた違った気持ちで臨んでいました。アウェーの状況ということは、女子流に全く興味のない人も見ているわけなので、そこでどんなステージを見せていくかを考えたり、研究したり苦戦したりっていうのが、一番変わったところだと思います。

1/3ページ