ここから本文です

《ブラジル》山口ロータリークラブが寄付=2施設に日本米と生活用品

7/5(水) 6:05配信

ニッケイ新聞

(ブラジル邦字紙「ニッケイ新聞」5日付)



 山口ロータリークラブ(RC)がブラジル山口県人会(要田武会長)を通じて、救済会「憩の園」と託児所「ジラソル」に日本米や生活用品を寄付する贈呈式が、29日にサンパウロ市の同県人会館で行われた。

 ジラソルには台所洗剤12リットル、漂白剤12リットル、粉石けん140キロ、液体洗剤20リットルが贈られた。代表者の和田アンナさんと遠藤オズワルドさんは「日本の支援があるのはとても幸せで、ありがたい」と感謝を述べた。

 日本米600キロが贈られた憩の園の佐藤直会長は「入居者も日本米をとても喜ぶ。こういった寄付があるのは本当にうれしい」と語った。


 寄贈品は2団体の希望を聞き、ロータリークラブによる10万円の寄付で購入されたもの。

 要田会長は「長い間続いている大事な寄付。今はどこの慈善団体も経営が苦しいので、喜んでもらえた」とコメントを寄せた。

最終更新:7/5(水) 6:05
ニッケイ新聞